メンタリストDaiGoの弟彗吾くん 月収8億円ってどういうこと!?

彗吾くん 生活編
Pocket

メンタリストDaiGoは今や超有名人。

ですが、その他の男兄弟もなかなかのやり手です。

先日次男の彗吾くんが月収8億円?という情報をYoutubeで公開していました。

 

次男彗吾くんはどんな人なのか!?

知りたい方も多いのでは。

■兄弟の情報

長男:松丸大吾さん…偏差値の高い中高一貫の男子校 高輪中学校・高校
大学は慶応義塾大学理工学部

次男:松丸彗吾さん…兄Daigoと同じ高輪中学校・高校
大学は中退

三男:松丸怜吾さん…高校不明
慶応義塾大学薬学部卒

四男:松丸亮吾さん…麻布中学校・高校
東京大学工学部

長男のDaigoさん・三男さん・四男さんはいろいろ情報が出てますが、次男の彗吾さんの情報が今まであまりで出ませんでした。

ですが、先日DaigoさんのYoutubeチャンネルで次男彗吾くんと出演。

いろいろ興味深いトークを見ることが出来ましたのでご紹介します!

 

メンタリストDaiGoの弟彗吾くん 月収8億円ってどういうこと!?

ということで、実際に彗吾くんが何をしているのかを紐解いていきます!

 

月収8億ではなかった?

これは、彗吾くんの兄DaiGoがYoutubeで公表していましたが、初月の見込み収益が7.9億円とのこと。

しかも彗吾くん一人ではなく、共同で開発したアプリの収益。

共同開発したのは、彗吾くんの他に2名の高校からの同級生だそうです。

単純にこれを3人で割ったとしてもすごい額ですよね。

 

どんなことをして収益を上げたの?

先にも述べたけど、アプリを共同で開発したってこと。

『Dラボ』というアプリで、知識のNetフリックスを目指して作ったアプリになっています。

心理学の動画や科学の動画、様々な動画が今なら20日間見放題で、人気のアプリになっているそう。

心理学や科学に興味のある子だったらめちゃくちゃ価値がある情報アプリかもしれませんね。

 

そんな彗吾くんにも暗い過去が

兄弟みな順風満帆と思いきや実は違います。

大学に合格したものの、すぐに中退してしまった彗吾くん。

何があったのか?

今になってようやく過去を告白しています。

大学行ったはいいけどいろんなことがうまくいかなくて、そのうち不登校になって中退。

大学中退後、自分以外学の兄弟が頭がいいので学歴コンプレックスで心を閉ざし引きこもり、家族や兄弟と話さない日々があったと言っています。

松丸兄弟はみんなあたまがいいと言われるたびに心が病んだそうです。

 

心を閉ざして引きこもりの時期が

引きこもっていた時期は、部屋の中はゴミ屋敷状態。

500mlのペットボトルを本棚に飾るという意味不明な行動を取っていたそう。

お先真っ暗だと思って、引きこもってゲームばかりしていた。

ただバイトはしていたようで、フードコートでたこやきや鉄板焼きを担当していたとのこと。

そんな数年後に高年収になっているとは誰も予想つかなかったと思います。

 

学生の頃はこんな子だった!

彗吾くんはもともとはすごく頭が良くて、小さい頃DaiGoとよく比較されたとのこと。

小中までは彗吾くんの方が頭がよかったらしく、中高辺りでDaigoに抜かされたらしい。

彼らの年の差はというと、Daigoが高2の時彗吾くんは中1。

小中一貫校だったため、学校に入った時から先生に比べら目をつけられていた。

特に彗吾くんの入ったバスケ部の顧問がDaigoの事嫌いでめちゃくちゃ目をつけられたそう。

中学から兄弟のコンプレックスが爆発して、勉強をしなかったんだって。

若い時ってそういうの敏感だから仕方がないですね。

 

母の死をきっかけに、彗吾くんの転機が訪れる

彗吾くんにも引きこもりからの転機が訪れます。

それは最愛の母の死。

母の死をきっかけに考えが変わり、兄弟と話をするようになったそう。

このままではダメだと自分で気づき、兄弟との関係も修復し、そこからプログラミングを勉強して今に。

 

プログラミングは独学!?

実はプログラミングを学ぶのに専門学校に行ったわけではなく、友達からプログラミングを教えてもらったとのこと。

その友達が今回一緒にDラボアプリを開発した二人。

最高の友達ですね!

 

その後は

すぐに3人でアプリを開発したわけではなく、実は一度就職をしています。

ですが、その就職先はブラック企業だったとのこと。

取引先のシステムがダウンしたら夜中も朝方も起こされて大変だった。

精神的にプレッシャーが大きかったそう。

そんな中彗吾くんは結婚することとなり、プログラミングを教えてくれた友達から久しぶりにLINEにメッセージが来たとのこと。

そして、一緒にアプリを作る人を探していると。

それがDラボができたスタートラインと言っていい。

 

DaiGoの弟愛がすごい!

今となっては兄弟4人仲良しだが、引きこもっていた時も彗吾くんの事は常に気にしていたようだ。

 

みんな努力家

彗吾くんが言うには、ここまで辿り着くには学歴コンプレックスは正直関係なかったと。

大事なのは、努力すること。

自分で試してみて、切り開いていく。

努力すれば、才能ある人も超えることが出来る。

そう言っています。

 

今の気持ちは?

今は今でプレッシャーがあると。

なぜなら自分が作ったアプリが多くの人に影響を与えてしまうから。

だからこそ、中身のしっかりしたものを作らなければならないという使命感を持ってアプリも作ったようだ。

すごく楽しみなアプリだ。

もちろん、長男DaiGoの存在は大きい。

DaiGoがいなければ、このDラボのコンテンツもできなかっただろう。

 

まとめ

DaiGoの兄弟は頭脳明晰であることは間違いないが、その裏では努力もあることを忘れてはいけない。

また、今がどん底と感じていても数年後にすごいことが起こっているかもしれない。

ただ言えることはいくらどん底にあっても、目を向けている方向が常に上だったということ。

そして自分の可能性を信じ、周りの環境に感謝しながら生きて行っているということ。

自分で自分のメンタルをコントロールできたものが最強と言えるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました