シューイチ中丸雄一のコーナーまじっすか!最新リモートグッズベスト5を紹介!

シューイチ 生活編
Pocket

テレビ番組シューイチは若者のトレンドを上手に取り入れた人気の高い番組。

その中でも人気なのが中丸雄一のコーナーまじっすか。

2020年リモートが新型コロナの影響で進んだが、さらに進化した進化系リモートを紹介!

経済ジャーナリスト渋谷さんが選んだ5選に中丸くんは大興奮。

 

世界中に無料配送!?24時間楽しめりリモートクレーンゲーム(第5位)

パソコンやスマホ上でクレーンゲームができる。

ポイントは実際のクレーンゲームの機械をリアルタイムで遠隔で捜査するもの。

しかも取った商品は世界中送料無料で届けてくれるという超画期的なシステム。

ゲームセンターに行かなくてもどこからでもリモートでできるので、クレーンゲームを楽しみたい広い年代に支持されている。

番組内では実際にクレーンゲーム機械が置かれている場所と中継でつながっており、中丸くんがリアルタイムで操作している様子を放映していた。

クレーンゲームが置かれている場所は特定できなかったが、倉庫内に250台以上の機械とカメラが設置されており放映内でも世界の誰かが遠隔操作でゲームを楽しんでいた。

現在世界中で約200万人がこのリモートクレーンゲームに登録。

 

操作方法は?

操作方法はゲームセンターにある実機とほぼ同じで、縦と横のボタンを押すだけ。

ゲーム機には正面のカメラと横から移すカメラの2台設置されており、高さを測るメモリもついているので操作はしやすい。

中丸くんは悪戦苦闘するも11回目でアンパンマンのぬいぐるみをゲット。

 

料金は?

1プレー約120円からできて、景品は常時300種類以上ある。

世界中無料配送してくれるし、実際にゲームセンターに出向かずに商品をゲットできるので料金的にも同等程度。

 

他にも

順番待ち表示もされるので安心。

また直前にゲットされてしまった景品でも、現地スタッフがすぐに補充をしてくれるので満足できる。

 

どんなサイト?

リモートクレーンゲームと検索すると出てくる。

代表的なサイトはこちら

タイトーオンラインクレーン|株式会社タイトー
いつでもどこでも遊べる!!オンラインのクレーンゲーム「タイトーオンラインクレーン」好評稼働中!

期間限定景品もあってクレーンゲームが好きな人にはたまらないサイトだ。

 

寝起きでも大丈夫!最新リモートワークアプリ(第4位)

リモートワークが増えている中、カメラで見える上半身だけ身なりを整えてリモート会議に参加している人もいるのではないだろうか。

そんな中、寝起きで髪型がボサボサであったり、パジャマ姿であったりしても大丈夫なアプリが登場した。

 

エクスプレッションカメラとは?

会議モードに切り替えると、髪型もいつも通り・普段のスーツ姿や私服姿で映してくれるというもの。

イメージがしにくいかもしれないが、あらかじめビジネスワークの服装姿で写真を撮っておけば、目や口元をAIが処理してくれて動かしてくれる。

表情や体の動きをAIが認識してくれるので、全く化粧をしていない状況でも普段通りの会議や商談ができる。

また自分以外の顔にも応用が利くので、他人の顔写真を応用したり肖像画などでも使うことが可能。

なりすましができてしまうというわけだ。

使ってみて楽しいアプリと言える。

 

有料?無料?

実はこのアプリ、無料で使うことができる。

バーチャルカメラアプリ「xpression camera」で検索。

現時点ではMac版のみだが、Windows版も近日公開予定。

コロナ禍でのWeb会議などを変える画期的なツールになることは間違いない。

 

Model-Tリモートでアルバイト?(第3位)

リモートもここまで来ているのか!?と驚いてしまう。

商品の陳列やチェックなど現地のロボットを遠隔で操作して補充していく。

 

どうやって?

自宅でVRゴーグルをつけ、スキットと言われるコントローラーを持って準備OK。

例えば、コンビニのドリンク補充など箱から棚に陳列する作業を遠隔でしてしまう。

コンビニ側にロボット1台あれば遠隔でできるため、複数店舗をかけもちで行うことも可能。

重いものを運ぶのも実際に操作している人には感じないため、慣れてくれば年配の方でもできる仕事になります。

作業者に負担がかからないのが嬉しいし、生産性も上がることは間違いないです。

 

カヤックを遠隔操作し、各地の水辺を旅することが出来る?(第2位)

カヤックロボットを使って行きたい場所に代わりに行ってくれるもの。

どこでも行けるの?

道路はもちろん無理だが、人のいない川や海なら代わりに行ってくれる。

とはいうものの自分で遠隔でオールを漕ぐタイプなので多少体力は必要。

実際にパドルが水に入ったら重さを感じれるような仕組みになっているのと、座席も波の揺れを感じれるようになっており臨場感を味わえる。

抵抗感を実際に感じられる。

5Gの遠隔操作の為、5G以上が普及したら楽しめる遊びと言える。

 

マスク生活に革命C-FACE(第1位)

世の中マスク生活にも慣れてきて様々なグッズが出回っている。

その中でも画期的なのが、このC-FACE 4,378円(税込)。

新しいリモート商品として世界中から問い合わせが殺到している。

その秘密を見てみよう。

 

どうやって装着するの?

既存のマスクの上から装着するのだが、耳に引っ掛けるひもを通すタイプなので装着も簡単。

息苦しさもなく、つけている印象も悪くない。

 

装着するだけで文字起こししてくれる。

このC-FACE、Bluetoothと連動しているものでマスク型のマイクと言ってもいい。

このC-FACEをしながらしゃべり始めると、デバイスに文字お越しをしてくる。

なので、普通のメールやLINEのやりとりの文字入力だけでなく、会議の議事録を作る際などの文字入力を軽減してくれるものと言ってもいい。

会社の受付、病院の診察、スーパーのレジなど大声を出しづらい場面で今後幅広く使われる。

10m離れていてもOKで利用の幅は広がるし、市販のマスクに装着して電源を入れるだけの手軽さはこれからヒットするだろう。

 

それだけではない!翻訳機能も!?

実は海外からも問い合わせが殺到している。

ニューヨークタイムズやCNN,BBCなど海外メディアをはじめ、世界35か国から既に問い合わせが。

というのも、翻訳機能がついているからだ。

現時点では8カ国語のみだが、今後増えてくるのは間違いない。

 

まとめ

テレビで紹介されたのはこの5つでしたが、5Gの到来とともに様々な可能性が出てきている。

医療分野の遠隔操作は今までにも何度も取り上げられてきているが、5Gのインフラ整備が整うことで自動車の完全自動運転も可能だ。

50年後100年後がどうなっているのか誰にも分からないが、より便利な世の中になることは間違いない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました