オリジナル缶バッチを大量に安く作る方法!作る時の注意点とは?

DIY
Pocket

オリジナル缶バッチって実は簡単に作れるって知ってますか?

もちろん業者に依頼することで手軽に作ってもらうことができますが、最小ロットが決まっているところが多いです。

逆に大量に作りたい時も業者に依頼することで請け負ってもらえますが、もっと安く作りたい!とか、いろんな種類を作りたい!という方には業者での注文は向いてないかもしれません。

最近では、オリジナルの手作り缶バッチを作ってみたい!という人も増えてきています。

気に入ったキャラクターや家で飼っているワンちゃんや猫ちゃんを缶バッチにしてたり。

子供の顔やおじいちゃんおばあちゃんの顔など、世界に一つだけの缶バッチを作りたい!という方もいます。

そんな方のために、今回は機械を使ったオリジナル缶バッチの作り方をご紹介したいと思います。

 

オリジナル缶バッチを大量に安く作る方法!

オリジナル缶バッチを大量に安く作る方法についてわかりやすくお伝えします!

 

どんな缶バッチを作りたい?

いざオリジナルの缶バッチを作ろうとしたら、デザインを何にしたらいいか悩んだりしますよね。

オリジナルデザインのバッチとしてよく見るのが、ペットや子供というのがダントツに多かったです。

変わり種として、好きな食べ物の絵やモニュメント・魚や昆虫のバッチなども見たことがあります。

それぞれの思いを馳せて作られていたので見ていて面白いです!

まずは世界に一つだけのあなただけのバッチの絵柄を決めましょう!

 

使う機械

最近では100円ショップでもオリジナル缶バッチを作れるキットが売っていますが、手間や時間がかかるのと、クォリティーがやっぱりイマイチだったりします。

また、大量に作ることを考えると手間がかかります。

であれば、機械で作るのがベスト。

これはヤフーオークションで13,000円で落札しました。

しかも、500個作れるキット付き。

とにかく大量にいろんな種類を作ることができるので子供会や幼稚園、粗品で配ったりするにはオススメ!

もちろん独自でデザインしたバッチを作成して販売するのもいいですよね!

最初から作成キットがこれだけついて13,000円はお得かもしれません。

  • 缶バッチ…500個
  • バッチフィルム…500個
  • 缶バッチ受け…500個
  • ピン…500個

 

使い方を見てみる

①左の受け皿に缶バッチをセッティング

②切り抜いたイラストを置き、その上にフィルムをセッティング

③セッティングした左の受け皿を右へ移動させる

④レバーを引いてギュッと押し込む

⑤右の受け皿に缶バッチ受けをセッティング

⑥右の受け皿を左にスライドさせる

⑦レバーをギュッと押さえ込む

ここが一番重要で、最後まで押さえ込まないとフィルムが緩んだり外れたりして失敗の原因になります。

⑧できあがり!!

イメージできましたか?

 

手書きorPCプリントor雑誌の切り抜き?

さて、実際にデザインを決めていきます!

デザインはコピー用紙に手書きもOKですし、パソコンでプリントアウトしてもOK。

または雑誌でお気に入りの部分を切り抜いてバッチにするのもOKです。

注意しないといけない点は、あまり分厚い紙を使わないようにしましょう!

というのは、バッチの材料は金属製の型と表面に張るフィルム、そして裏面のピンの部分からなっています。

金属製の型とフィルムの間にデザインとなる紙を挟むので、写真で使う光沢紙のような厚手の紙だとうまく挟まらないこともあります。

サイズは缶バッチの大きさにも寄りますが、缶バッチの大きさそのままで台紙を切り取るのではなく、缶バッチの大きさ+5mm程度くらいの余裕を持って丸く切り取ることがポイントです。

缶バッチのサイズは購入する機械によるので、そのサイズに合わせてデザインをしましょう。

 → 

 

作成時間

この機械を使う場合は制作時間1つ1分未満といったところです。

もしかすると最初は慣れなかったり、力の加減が分からずに失敗することもあります。

ですが、慣れてきたら30秒で一つ作れるようになれるでしょう!

多少力もいるので、男性にやってもらうのがおすすめです。

 

作る時の注意点

注意点がいくつかあるので守りましょう!

著作権のあるものは避けましょう

最近ではマンガのキャラクターが大人気で特に「鬼滅の刃」が大人気となっています。

このキャラクターの画像を使って、個人的にバッチを作ってつけるのは問題ありませんが、販売となると即アウトです。

また、大好きな俳優さんの写真を使って勝手に作っての販売もNG。

ちょっと分からないなぁと思う場合はやめましょう。

販売する時気をつけること

作ったものが原因でケガをしてしまった場合、生産物賠償責任に問われる場合が稀にあります。

缶バッチなのでそういうことはないと思いますが、販売となった場合は頭に入れておきましょう!

 

まとめ

世界にたった一つのオリジナル缶バッチ。

作るのも本当に楽しいです。

何かあるたびにプレゼントすることもできるので、我が家は重宝しています。

ヤフオクなどで「缶バッチ 機械」で検索してみてください!

きっと同じ機械やサイズの違う機械などヒットすると思いますよ!

子供たちはきっと喜びますし、すごくいい思い出になります。

リュックサックがバッチだらけになっても暖かく見守ってあげてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました