私が外国人と友達になれた方法!英語が話せなくてもまず一歩踏み出すこと!

実践編
Pocket

一昔前であれば英語が話せることって特別な感じで、さらに外国人と友達になれるなんて自分には無理と思っていました。

ですが、時代は変わりパソコンでもスマホでも翻訳機能も発達し、外国人とコミュニケーションを容易に取れる時代になりました。

もちろん今後外国人と触れ合う機会も増えてくることは間違い無いと思います。

私は幸い大学卒業後、オーストラリアに1年間語学留学することができ、ペラペラではないですが多少英語も話すことができますし、今では外国人に対して全くと言っていいほど抵抗がありません。

そう!今では…。

では昔はどうだったかと言うと、人見知りだったし暗かったし交友関係も数人程度。

日本人でも友達が少なかったのに、外国人の友達なんてもっての外。

外国人は怖いイメージがありました。

では、どうやってそういうイメージが払拭できたか?

そして、どのようにして外国人との友達を作っていったのか。

私が外国人と友達になれた方法をご紹介します!

 

私が外国人と友達になれた方法

私が外国人と友達になれた方法を6つご紹介します!

 

まず知っておいて欲しいこと

日本人は真面目な人種だし、完璧を求めてしまう傾向があります。

片言の英語なんて恥ずかしいし、勇気もないし…。

もしそんなことを思っていたら大間違いです。

例えば、外国人が日本に旅行している時に道に迷ったりして困っていたとします。

片言の日本語で話しかけられたらあなたならどうしますか?

まず、何を言っているのか理解しようとしますよね。

文法が間違ってるとか、単語が間違っているとかイチイチその困っている外国人に突っ込まないですよね?

そしてきっと、優しい気持ちで道を案内してあげると思います。

逆を考えてみるといいかもしれません。

あなたが何かを伝えたい!という時に、文法が間違っていても単語が多少間違っていても発音が間違っていても、きっと相手の外国人はあなたが何を言おうとしているのか理解しようとしてくれているはず。

そして、通じた時嬉しいはずです。

私も留学して間もない頃、片言の英語で道を聞いたら優しく教えてくれました。

文法も発音も単語もきっとめちゃくちゃだったと思います。

でも英語がめちゃくちゃだったけど伝わったことに感動したし、もっと気軽な気持ちで話せばいいんだ!と気づいたんですね。

まだ言葉を覚えたての幼い子供と一緒で、間違っていてもいいからどんどん話してみる。

それが、英語が上達する秘訣だと思ったし、それがコミュニケーションなんだと分かりました。

なので、これから外国人の友達を作ろうと思った時に、もっと気軽な気持ちでいればいいんだよ!と言いたいです。

英語が完璧じゃなくても相手は何とも思ってないよ!逆にいろいろ教えてくれるんだよ!と言いたいです。

もちろん、もっともっと英語を上達させるためには勉強する必要があるし、外国人の友達と深いお付き合いをしたいのであれば難しい単語も覚えていく必要があります。

でも、最初のきっかけはもっと気軽でいいんです。

そう考えたら、気持ちがラクになってきませんか?

では、ここから外国人と友達になるためにはどうすればいいのか?をお伝えしていきたいと思います。

 

その① ホームステイ受入

まずもしチャンスがあるのなら、積極的に外国人のホームステイを受け入れることです。

最初は言葉が通じなくても徐々に慣れてきて、お互い通じ合うものが出てきます。

私はちょうど高校2年生の時に、オーストラリアの野球チームのホームステイを受け入れました。

1週間という短い時間だったんですが、別れ際には心が通じ合えた(感じでした(笑))。

肝心の英語は…というと、大の苦手。

英語のテストはいつも平均点以下でしたけど、その時ばかりは少しだけ勉強して自己紹介ができる程度になりました。

それがきっかけで、いつか留学してみたいなぁ~という気持ちが芽生えたし、外国人の友達が欲しいなぁ~と思うようになりました。

とにかく怖がらず、ホームステイを受け入れてみるのも一つの方法です。

 

その② 留学する

おススメはやっぱり留学。

自分の視野を広げるという意味でも留学は有意義なものですし、そこでできた友達は一生の友達になります。

私の場合大学卒業後一般企業に就職したんですが、3年で辞めて留学を決意しました。

行先はオーストラリアのメルボルン。

モナシュ大学という大学の構内にある語学学校に通いました。

実は私…留学するまで海外に一度も行ったことがなく、初めての海外が留学。

学校の手配やホームステイ先の手配など全部ひとりで、日本でインターネットで調べてやったんですね。

当時26歳だったんですけど、分からないなりに自分でもよくやったなぁ~と達成感を感じたのを覚えています。

飛行機の乗り換えもあったし、現地の空港到着後にタクシーで移動したんですが、全然話すことができなくてタクシーの運転手にボッタくられたのを覚えています。

まぁそれはいいとして、到着後に学校に通い始めました。

日本人は誰もいなくて、周りはタイ、マレーシア、シンガポール、中国、韓国の若い子達が多かったです。

ただ、みんな英語や文化を学びに来ているだけあって積極的に話しかけてくれて、恥ずかしがり屋の私でさえも開放的になれて自分をさらけ出すことができたと思います。

そういう意味では、日本で外国人に英語を学ぶよりは、時間と多少のお金を貯めれば現地に行って学んだ方がいいと思います。

お陰で、その学校で友達がたくさんできましたし、留学中にレンタカーを借りていろんなところに旅行に行くこともできました。

その当時の友達とは今でもやりとりしているし、私が彼らの国に旅行に行ったときに何度もアテンドをしてくれて本当に助かりました。

 

その③ 多国籍料理店に通う

日本に多国籍料理店は探すとかなりあります。

日本人が経営している場合もありますが、実際に現地の方が日本でお店を出しているケースもあります。

もし気に入った国の料理であれば、ぜひ何度も通ってみるといいですし、実際にその国の料理の作り方を教えてもらうのも一つの手です。

実は、日本に住んでいる外国人の方々って、同じ日本に住んでいる外国人同士のネットワークが凄くあります。

分からないことは日本人に聞くよりか、その外国人同士のネットワークに聞いた方が早いくらい。

なので、仲良くなったら外国人のネットワークで誰かを紹介してもらうということもできるます。

目的が、外国人と友達になりたい!ということであればきっと簡単でしょうし、もし外国人と結婚したい!ということであれば、彼らのネットワークを紹介してもらってお付き合いするのもいいですよね。

 

その④ 国際交流パーティーやバーに行く

国際交流パーティーって聞きなれないかもしれないし、実際にそんなパーティーをやってるの?と思うと思いますがやっています。

また、ネットで「外国人 いきつけ バー」などで検索すると、かなりいろいろなお店が紹介されています。

やはりお酒の場というのは雰囲気も和むし、素の自分をさらけ出すことができるので恥ずかしがりやさんにはオススメかもしれません。

実際にバーで出会った人とお付き合いをしたとか、結婚したという話も聞いたことがあります。

人が集まるところには必ず出会いがありますので、まずは自分が一歩踏み出してみる勇気が必要ですね。

ただ、注意が必要なのは騙されないこと。

人はみないい人と信じたいのですが、騙す人もいますから気を付けてくださいね。

 

その⑤ facebookをやろう!

facebookは基本本名で登録するSNSで、そこには結構プライベートなことまで書かれていたりします。

友達の友達を見つけることも容易だし、簡単にメッセージを送ることもできます。

たまに変な外国人からメッセージが来たりすることってありませんか?

日本人は英語に慣れてないので、変な人からメッセージが来た…とか怪しい…とか思ってしまってスルーをしてしまいますが、よくよく読んでみると向こうも友達が欲しかったり、つながりを求めてたりしています。

基本外国人ってものおじしないので、積極的にメッセージを送って来たりするんですね。

ヒットすればラッキー!という軽い感じで考えているので、私達もそういう感覚で外国人と接することが大事だと思います。

実際に私もfacebookやってますが、留学時代の友達とここでつながっていますし、その子達からの友達も見ることができます。

一番信頼できる友達作りはやっぱり紹介なので、こういうSNSつながりで紹介してもらうといいかもしれませんね。

きっと気軽な気持ちでスタートできると思います。

 

その⑥ インスタグラムやtwitter・Youtubeを活用する

もし私はド田舎に住んでるから、どれも無理!って思っていても大丈夫。

自然の風景や、あなたしか知らない穴場スポットって田舎にも必ずあるはず。

そういう場を写真や動画で発信してみてはどうでしょう?

日本語ではなく英語で記載することで、きっと海外の方の目に触れてそこからコミュニケーションがスタートするはずです!

とにかく、自分が発信をし続ければ必ず見てくれる人は出てきますからまずはやってみることだと思います!

いきなり会って話をするのが難しいなら、なおさら全世界に発信できるSNSを活用するべきですね!

 

英語が話せなくてもまず一歩踏み出すこと!

あなたの前にもし外国人が現れて、一生懸命カタコトの日本語で話しかけてきたらあなたはどうしますか?

きっとコミュニケーションを取りたいんだなぁ~と思い、会話をスタートすると思います。

まずは、その逆をやってみることです。

同じように、あなたの発するカタコトの英語に耳を傾けてくれます。

 

自分の現状を知り、勉強のやる気を出す

実際に英語で話しかけてみて相手に通じたものの、自分の英語力不足を実感すると思います。

例えば海外旅行に行ったときに、帰国する際にやっぱり英語を話せるようになりたいよなぁと思うことってよくありますよね。

その直後は少しやる気になって勉強をし始めると思います。

なのでまず現状の英語力を再確認するために、勇気を出して外国人が集う場所に行ってみましょう!

きっとコミュニケーションを取ろうと思い勉強する気力が出てくると思います!

 

オンライン英会話を活用する

なかなか話せる環境が無い場合は、オンライン英会話を利用するのも方法です。

今なら月々1000円未満でいつでもオンラインで外国人を話をすることが出来る会社もあります。

英会話スクールに通う時間や交通費を考えるとめちゃくちゃ安いですし、いいきっかけ作りになると思います!

 

そして再度チャレンジする

オンライン英会話で外国人と話すことに慣れてきたら、実際に街に出てトライしてみましょう!

例えばですが、ゆくゆくは外国人の彼氏彼女ができると英語の上達も早くなって、そこからネットワークが広がっていくでしょう!

とにかくチャレンジする!

これが重要です!

日本人の感覚ではなく、自分も外国人という感覚でどんどん行動していきましょう!

 

まとめ

いろいろご紹介してきましたが、今の時代海外の人とのつながりを作るのはものすごく簡単です。

英語力なんて中学レベルの英語で十分通じます。

もちろん勉強し続けることも大事です。

すぐに分からなかったら翻訳アプリや翻訳サイトを使えばいい。

あとは、どのツールを使って外国人と接触をするか。

いろいろ試してみると面白いと思いますよ!

年齢も、性別も、職業も、環境も全然関係なく友達作りができます。

あとは、あなたのちょっとした行動力が大事です。

ぜひやってみてください。

世界にはきっとあなたとフィーリングが合う人がいますから!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました