人生を楽しむ為に必要なこと!人脈を広げる編!

実践編
Pocket

はっきり言って私には何の能力もありません。

いつも人に頼ってばかり。

でも頼れる人脈作りを今までやってきました。

いざという時に、頼み事を聞いてくれる知人友人。

私の周りにはいつも彼らがいました。

みなさんは人間関係と聞いて何を思いますか?

ほとんどの人は難しいと思ったり、わずらわしいと感じるでしょうね。

しかし稀に、素晴らしいもの、楽しいものと思う人もいます。

後者と思う方は人間関係が上手くいっている証拠でしょう。

実は私も人間関係は素晴らしくて楽しいものだと思っています。

新しい人と出会えて親しくなっていく。

何でも話せるような仲になる。

それは相手がその様にしてくれるのではなく、自分から上手くいくように努力しているからです。

でも大丈夫!

ノウハウは非常にシンプルで簡単なものです。

是非みなさん今後の人生にお役立ていただければ幸いです。

 

今のあなたの現状は?

今みなさんご自身で人脈が多いと思いますか?

それとも少ないと思いますか?

少ないなぁ…と思って後悔はする必要ありません。

なぜならこれから広げていけばいいわけですから!

ただ、今のあなたの現状がどのようになっているのか?

それは把握しておく必要がありますよ!

リストアップ(自分の周りの人脈を今一度チェックしてみる)

私が良くチェックする方法として、

  • 年賀状
  • E-mailアドレス
  • スマホ電話番号登録者
  • LINEの友達
  • facebook友達など

をチェックします。

年賀状や名刺は、挨拶代わりであることが多いのであまり当てにならないかもしれませんが、LINEの友達は多い人もいるのではないでしょうか?

まずはチェックしてみて下さい。

100人以上いれば大した物です。

その中で、常にやり取りをされている友人知人は何人いますか?

何人の登録者数がいますか?

人脈を広げる絶好のチャンスが今現在やり取りしている方達の中にいますよ!

 

人脈の作り方

では、実際にどのようにして人脈を作っていけばいいのか?

見ていきたいと思います。

人脈は自然にできるものや、自ら行動を起こして広がるものがあります。

また、相手が行動を起こしてくれて自分に接してきてくれた人達から人脈が広がることもあります。

人脈のでき方は多種多様です。

 

手っ取り早い方法

すぐにコネクションを作りたいなら、今の人脈から誰かを紹介してもらうこと。

紹介というのは、信頼のおける人からの紹介なのでつながりは強固なものになります。

就職がしたい。

詳しい人に教えてもらいたい。

一緒にできる仲間が欲しい。

まずは周りの友人知人に、「●●できる人知らない?」

「●●な人を探しているんだけど、知り合いにいない?」

などなど、聞き方次第で紹介は出てきます。

ただ、人柄的に問題がある人は二度と紹介はもらえません。

相手がメールをくれたのに、忙しさのあまり返事をしなかった。

返事をしようとして後回しにしていたが為に、返信を書くことを忘れてしまった。

逆の立場ならそういう方と何かをしようと思わないですよね。

せっかくのチャンスを自分から断っていることになるので人脈は広がるどころか徐々に孤立していきます。

面倒だ!後でいいや!と思う思考パターンが、人脈を拡大できない理由です。

 

人脈をより効率的に広げる方法は何か?

例えば、同窓会や何かイベントに参加された時、自ら名刺や連絡先を伝える習慣をつける。

営業マンは名刺を配ることが仕事だ!と私の周りの人で言っていた人がいます。

相手が自分に興味があれば連絡は来ます。

自分が行動を起こしたことで、相手もあなたと接したいと思うようになり人脈の輪が広がっていきます。

ポイントは自ら積極的に行動を起こすこと。

興味のある人だけを相手にしていけば、親密な関係が築けますよ!

 

1週間を振り返る

今日はみなさん何人の方とお会いしましたか?

1人?2人!?10人!?100人!?

話題は何でしたか?

ビジネス?趣味?習い事?家庭のこと?

今日は何もなかったという方もいるかもしれませんが、何も心配する必要はないです。

今できなくても、これからできれば良いわけですからね。

何もできない→意識してできるようになる→無意識で出きるようになる

この無意識で出きるようになればあなたの人脈は確実に広がります!

 

趣味を見つける

例えば私のビジネスの仲間で、パソコンのインストラクターをしている人がいます。

私と彼は単なるビジネスの仲間。

ですが、私は彼のパソコン教室の生徒の一人とお会いしたことがあります。

その生徒さんは、とある会社の経営者で、温泉好き。

私も温泉好きであったため話しが盛り上がり、意気統合して温泉めぐりをさせていただいた事があります。

そこから、私の人脈がまた広がりました。

 

新しいことを始めてみる

普段から何かに挑戦してみようと思ったことありませんか?

なかなか時間がなくてスタートできなかったことありませんか?

まずは一つだけスタートしてみましょう!

例えば、スポーツジムに通う、料理教室に通う、英会話教室に通う。

地元の会合に参加するなどなど。

なんでもいいです。

今みなさん自分にないものを、一つだけ始めてみてください。

自分を磨くというのも、人脈を作るには最適な手段です!

共通項を自分から作り出していく。

これって大事なポイントです!

 

自分から発信してみる!

今、自らを発信できるツールはたくさんあります!

例えば、Twitter、インスタグラム、facebook、youtubeなどなど。

自ら発信して、その発信に共感してくれた人がフォロワーとして登録してくれていると思います。

例えば、その中に何かのスペシャリストがいるかもしれません。

とにかく発信してみて、「●●な人探しています!」と発信してみると誰か反応してくれます。

そう言う意味で発信することは大事なことです!

 

周りの人との会話を思い出してみる。

私達の会話というものは、盛り上がる話題とそうでない話題がありますよね。
話す時も話しやすい人と話しにくい人がいるのも事実です。

1.話しやすい人と話しが盛り上がる

2.話しにくい人と話しが盛り上がる

3.話しやすい人と話しが盛り上がらない

4.話しにくい人と話しが盛り上がらない

1番は既にその人とは密接な人間関係が築けている証拠

2番はこれから親密な人間関係が築けそうにある段階

3番は話す話題にどちらかが興味がないか、どちらかが未知な話題

4番はお互い探り合いの状況

と簡単に分けれます。

話しやすいと感じるのはなぜでしょう。

実は話しやすいと感じるのは、相手が自分のことをもっと知ろうと思って会話が途切れてもさらに質問を投げかけてきて、自分がしゃべってしまうそういう環境を作り出してきてくれているんですね。

相手にもっと自分のことを知ってもらおうとすれば、自らいろいろなことを話すようになります。

そして相手は真剣にあなたの話しを聞くでしょう。

それによって「この人は話しやすい人だ~」と感じるようになります。

いろいろ聞いてくる人というのはどちらかというと人間関係も円滑で人脈がある人であると言ってもいいでしょうね。

要はみなさん自身がそういう質問を投げかける立場になることが重要なんです。

例えば

Aさん:「今日は仕事疲れたなぁ~」

あなた:「お疲れ様・・・」

これで終ってしまっては会話は続きません。

Aさん:「今日は仕事疲れたなぁ~」

あなた:「今日は何か大変なことがあったの?」

Aさん:「実はね今日○○さんと会ってね・・・」

というような会話になる事が大事なんです。

かと言ってこの会話から人脈につながる要素が出てくるかといったら、そうとも限りませんが、人脈をつくるきっかけにつながる可能性があります。

最終的にあなたが「その人どんな人!?会ってみたい!」と思うようになればそこから人脈の輪が広がります。

難しいことではないですよね。

ちょっとした会話のキャッチボールが人脈を広げるきっかけにつながります。

私は人と話すときいつも会話が盛り上がるんですね。

そこから新たな人脈も築くことができました。

 

聞き返し上手になる

もちろん『聞き上手』『聞かれ上手』というのも重要です。

私は『聞き返し上手』に徹しました。

たまに会話が弾みすぎて話しすぎてしまうこともあります。

それは相手との都合を見てどこかで区切ることも大切です。

あまりしつこく聞き返すと逆効果になってしまいますからね。

私は聞き返し上手になることで人脈が作れました。

 

自ら挨拶をする

先日もあるセミナーで、いつも顔を合わせていた方に私から話しかけました。

その方も、私の顔は知っていた様ですが、話し掛けることはちょっと躊躇っていたようです。

その方は仕事柄、社外の人とは接することがあまりない立場にいたようです。

ですが、その方といろいろ話しを交わすうちに、PCに詳しい方であると分かりました。

恥ずかしながら私はPCに関して暗い人間なので、その方からいろいろ教えていただける間柄になることができました。

今ではメールのやりとりや、LINE、ZOOMなどで、いろいろな情報交換をするようになりました。

話しがそれましたが、要は人が集まるセミナーや会合で、大抵の人は終了後すぐに帰ってしまいがちですが、その集まりの中にも人脈を広げるチャンスはあるという事です。

果たして今までにそういう場で自ら話し掛けることができた人は、どのくらいいるでしょう?

普通の人はセミナーの講習料を支払って講習を受け、講習が終ったと同時にそそくさと帰宅する。

しかし、もし誰かと知り合うことができたらいかがですか?

人脈が広がり、講習料以上に得したことになるんですよ!

しかも今回の私のように、自分に持っていない知識や能力が、人脈ができることによって自分のbrain(脳)として、頼りにすることができるのです。

セミナーや会合に参加する機会というのは、もしかしてあまりないかもしれませんが、きっかけは探せばたくさんあるはずです。

その一つ一つのきっかけをどうか大事にしてくださいね。

 

きっかけを作るスキル

頭では分かっていても何を話しかければいいか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

何でもいいんです!

「今回はじめてこういうセミナーに来られたんですか?」とか

「次のセミナーはいつありますか?出席されますか?」とか、

要はちょっとしたきっかけ作りです。

力まずにがんばってみましょう!

 

まとめ

人生は人それぞれなので、孤独に生きていきたいという人もいれば仲間と一緒に楽しく生きていきたいという人もいます。

楽しく生きていきたいのであれば、関わる人というのはものすごく重要です。

あいつを利用してやれ!という人には人脈はできません。

表向きに関わってくれる人がいても、いずれ離れていきます。

会社第一の会社人間は、老後は孤立する傾向があります。

特に人に厳しく自分に甘い人は、退職したら誰も相手にしなくなるでしょう。

将来をイメージするのは難しいかもしれませんが、1歳でも若いうちから人脈を意識して仲間作りをしてみましょう!

きっと老後は楽しい毎日になりますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました