老後2000万円なんて…無理だ!でも、あきらめるのはまだ早い!?

老後2000万円問題 生活編
Pocket

老後2000万円問題が社会問題化してから、もうすぐまる2年経とうとしています。

当時はかなり批判的な論調で語られていて

「100年安心の年金制度と言っていたのに、国民を騙していたのか」

みたいな感じでしたが、あの当時のニュースを見てどう感じたでしょう?

老後2000万円なんて…無理と感じました?

それともなんとか頑張ろうと思いました?

それか別の考えでしたか?

 

老後2000万円なんて無理だ!

60代後半の方が無理だ!というのはわかりますが、50代以下の方が無理!というのはまだ早いのではないでしょうか。

そもそもの話をすると、老後に年金だけだと安心して暮らしていけないということに、すでに多くの人が気づいていたんじゃないかと思います。

政府が騙していたかどうかはさておき、

「年金さえあれば自分は安心して暮らしていける!」

と100%の確信を持っていた人はほとんどいなかったんじゃないでしょうか?

「100年安心の年金制度」が自分の生活を保証してくれるものではないことを薄々知ってましたよね。

年金の受給年齢がどんどん先延ばしになっている時点で約束とは違う、おかしな状況です。

でもそうは言ってても仕方がないので、現状を自分にあてはめて考えてみましょう!

 

みんながみんな老後に2000万円必要?

老後の生活にどれくらいお金がかかるのか?

それは、本当に世帯によって様々です。

そして、金融庁のレポートで書かれていたのはあくまで「こういう世帯なら…」という条件がついていました。

「2000万円」という金額だけが独り歩きしてしまったという状況をまずは知りましょう!

現役であろうが老後であろうが、個人の経済的状況を測る計算方法は一つしかありません。

 

収入 – 支出

 

これだけです。

老後というと、収入額が大きく変わるライフイベントではありますが、基本原則は現役時代と変わりません。

収支がプラスなのであれば問題ないし、収支がマイナスなら改善する必要があるというだけのこと。

「収支のバランスを健全に保ち、老後の支出をちゃんと計算しよう」

それだけのことです。

 

一人ひとり違うので、冷静に計算する

実際、老後2000万円問題が出てきたときに金融機関が取ったアンケートでは、かなり多くの割合の人が資産目標を2000万円においていました。

老後40年以上健康だったり、支出が多かったり少なかったり、年金受給額が違ったりといった細かい違いで大きく目標が変わるのにも関わらず。

金融庁レポートでも「この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる」と書かれていますが、あんまり伝わってはいませんね。

なので、重要なのは「一人ひとりライフスタイルが違う」ということを理解し、冷静に計算をしてみるということ。

 

老後に必要なお金を計算してみる。

ざっくりではありますが、計算シートが出回っていますのでご紹介します。

 

老後計算

画像出典(ダイヤモンドZAi最新記事 > 老後に必要な金額を計算する「公式」がついに完成!たった5分の計算で老後までに必要な貯金額を知って「老後を見える化」することで人生は豊かになる!)より

 

でも、あきらめるのはまだ早い!?

あきらめたところで生活はしていかないといけないので、やれることをやっていくしかありません。

支出を削れるもの、収入を増やせるもの、貯蓄があるのであればお金に働いてもらうなど手段はあります。

 

支出を削る

支出を削ることって大事なんですが、まずは今の支出の詳細を把握しているかどうかが大事です。

なんとなく毎月お金が残っていない。

そのなんとなくをまず辞めて支出表を作ってみましょう。

・家賃 → もう少し安いところに引っ越せないか?

    → テレワークできるのであれば田舎に引っ越せないか?

・住宅ローン → 銀行の借り換えができないか?

・保険 → 勧められるがまま加入をしていて、よくわからないものに保険料を払っていないか?

・食費や光熱費 → よりお買い得なスーパー、ネットで購入、電力会社、ガス会社の切り替え

・スマホ見直し → 安いキャリア多数あり、不要なサブスクリプションがついてないか

・断捨離 → 不要なものをオークションやメルカリなどで売却

 

などなど見返す箇所は多数あります。

 

収入を増やす

同時に収入を増やすことも考える必要があります。

まだ働けるのであれば引退する時期を延ばして、70歳まで働く。

妻が専業主婦ならば、働きに出て収入をもっと増やす。

副業をスタートする。

転職をして収入を増やす。

遊びたい!休みたい!ゆっくりしたい!

いろいろ今の状況はありますが、やれる時に準備をしておくといいですね。

 

お金に働いてもらう

大昔は銀行に貯金をしていただけで利息が10%近く増えて行く時代もありました。

なので、日本人は特に貯金が大好きです。

お金がお金を生んでいました。

増えていっていたので貯蓄があれば老後も安心でしたが、今は違います。

ある程度の投資は必要です。

もちろん自己責任ですが、ローリスクな投資はたくさん存在します。

初心者の方であれば、投資信託などがおすすめですね。

 

まとめ

安心できる老後にするには、まずは経済的な現実を見つめることです。

今確かに不安を感じた方も多いのではないでしょうか?

でも、もしまだ50代以下であればなんとかなるでしょう。

とにかく行動あるのみ!

20代~40代であれば、FIRE生活を目指すべきです。

FIRE生活ができれば、老後もある程度安心できますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました